カテゴリー別アーカイブ: 災害教育

熊本地震復興セミナー2018
「地域の未来をつくる自然学校」

[第2回]
人が集まる場をつくる人のためのリスクマネジメント〜基礎編

講師・辻 英之

NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター 代表理事

人が集まる場をつくる主催者にとって、様々な危険を回避し、安全で楽しい活動を提供することは大変重要です。
第2回のセミナーは、フットパスなどのまち歩きをはじめ屋外で人が集まる場を企画する人に対し、リスクマネジメントの基礎講座を開催します。
安全への意識をより一層高めるための基礎的な内容が学べるだけでなく、受講者には自然体験活動推進協議会(CONE)が提供する「リスクマネジメント基礎講座」修了証を発行いたします。

 

このような方にオススメします 
・人が集まる場での安全管理に関心がある。
・仕事やボランティア活動などの一環で、子どもや大人たちと屋外で活動をする予定がある。
・ 今後、自然体験活動の指導者育成などに携わることが想定され、安全管理についての指導内容について知りたいと思っている。

 

講師プロフィール
つじ ひでゆき NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター代表理事。1970年福井県生まれ。信州泰阜村を舞台に、日本屈指の規模を持つ「信州こども山賊キャンプ」や1年間の長期山村留を32年にわたり実施。自然体験・野外活動をソーシャルビジネスまで成長させた経営手腕や安全管理能力、指導者養成能力が評価され、国内外、とりわけ農山漁村においての講演や研修に全国を飛び回っている。自然体験活動推進協議会(CONE)常任理事、(公社)日本環境教育フォーラム理事。救命救急法国際トレーナー(MFA-International)、青森大学客員教授、立教大学・桜美林大学等(他多数)非常勤講師など。
 


日時:2019年2月10日(日)13:30〜16:30
場所:益城町保健福祉センターはぴねす 会議室
熊本県上益城郡益城町惣領1470 MAP
参加費:1,500円(テキスト、修了証代)
定員:20名
申込み締切:2月8日(金)
主催:一般社団法人RQ災害教育センター
共催:RQ九州、九州自然学校協議会
協力:一般社団法人アイ・オー・イー

熊本地震復興セミナー「地域の未来をつくる自然学校」とは
熊本地震から約3年。被災の現場では復興に向けた新たな地域づくりが始まっています。
本セミナーは、RQ災害教育センターの復興支援の経験や自然学校のノウハウを生かして、雇用や学び、観光などを創出し、地域の未来の夢や誇りを育むプログラムや拠点を、被災地のみなさんと共に構築することを目的としています。

※本セミナーは、2018年度地球環境基金の助成を受けて開催します。
地球環境基金

 

熊本地震復興セミナー2018「地域の未来をつくる自然学校」[第2回]「人が集まる場をつくる人のためのリスクマネジメント〜基礎編」のお申込み

 

お名前*

フリガナ*

所属

電話番号*

メールアドレス*

メールアドレス (確認用)*

メッセージ

 

迷惑メール防止のため、下記の計算の答えを半角数字でご記入ください。*

 

 

以下の2点のご確認をお願いします*
 ご記入いただいた内容の確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。
 送信後、自動返信にてこの内容があなたのメールアドレスに配信されます。メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。迷惑メールフォルダにも届いていない場合、記入いただいたメールアドレスが間違っている可能性もありますので、再度記入・送信をお願いいたします。なお、スマホや携帯のメールアドレスを登録した場合は、フィルターにより受信できないことがあります。@rq-center.jp からのメールを受け取れるよう設定をお願いします。

 

 

熊本地震復興セミナー2018
「地域の未来をつくる自然学校」

[第1回]
コミュニケーションの場や学びの場を活発にするさまざまな工夫(終了しました)

講師・川嶋 直

公益社団法人日本環境教育フォーラム理事長

KP法とえんたくんが同時に学べるうれしすぎるセミナーです。

続きを読む 熊本地震復興セミナー2018
「地域の未来をつくる自然学校」

7/8 災害教育研究会「ネパール大地震 報告会」

2015年4月25日と5月2日、ネパールでマグニチュード7.9クラスの地震が発生し、死者7000人超、数千人のケガ人と家屋の倒壊を伴う震災が発生しました。
RQ災害教育センターの理事・降旗信一(東京農工大学 准教授)と、横浜国立大学 非常勤職員のマニタ・シュレスタ氏は、被災地の現状を調査するとともに、現地での災害教育プログラム実施の可能性を探るために、5月30日から6月3日の5日間、視察と現地NPOなどとの会合を行ってきました。
続きを読む 7/8 災害教育研究会「ネパール大地震 報告会」

Mar/17/2015 The 3rd World Conference on Disaster Risk Reduction in Sendai Public Forum “Disaster and Education-Education for Building a Resilient Society”

Today, developing resilient communities and empowering people to respond to increasing disasters are unquestionably critical. This symposium will focus on possibilities of education in formal, non-formal, and informal settings to develop resilience of communities and people based on reports of experiences in the area afflicted by Great East Japan Earthquake.
続きを読む Mar/17/2015 The 3rd World Conference on Disaster Risk Reduction in Sendai Public Forum “Disaster and Education-Education for Building a Resilient Society”

2015/3/17 第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム「災害と教育──災害に強い社会をつくるための人づくり」

自然災害が激甚化する今日では、人々の紐帯や関係性を日頃からコミュニティの中に育んでおくこと、地域社会のレジリアンス(回復力)を促進し、エンパワーメントを生成することが重要です。このシンポジウムでは、東日本大震災等の被災地でこうした教育に取り組んでいる実践者からの報告をふまえ、上記の学びを支える教育の意義を確認します。
続きを読む 2015/3/17 第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム「災害と教育──災害に強い社会をつくるための人づくり」

11/6〜8 災害教育プログラム「都市災害を生き抜く術と自然と共に生きる術を学ぶ」

RQ災害教育センターは、災害に強い社会をつくるための人づくり(災害教育)を進めています。災害の現場では、本来の目的である被災者への救援活動を通じて、個人がより大きな存在へと成長する能力を開花させる機会が頻繁に訪れます。私たちはこのような自分の生きる力に気づいた人が、頻発する自然災害発生時や緊急時に、いち早く救援者としてリーダーシップを発揮すると信じ、そのような人がたくさん生まれる社会が災害に強い社会をつくるのだと思っています。
続きを読む 11/6〜8 災害教育プログラム「都市災害を生き抜く術と自然と共に生きる術を学ぶ」

11/5 RQ広島報告会を東京で開催します

局地的な災害といわれたのが今回の広島土砂災害。地震や津波に限らず、身近な住宅地に大きな危険が潜んでいることを改めて気づかせました。

 

約3週間という短い期間でしたが、当地に拠点を設けて活動を行ったRQ広島は、今回の支援で多くのことを学びました。
続きを読む 11/5 RQ広島報告会を東京で開催します

見る、感じる、対話する
東北2つの被災地から未来を見つめる旅~Part2

 

被災地をめぐるモニターツアーの第2弾「見る、感じる、対話する 東北2つの被災地から未来を見つめる旅~Part2」を以下の日程で行います。ぜひご参加ください。
前回のツアーの様子はこちら
日程:2013年6月22日(土)~24日(月)2泊3日

 

沿岸部と内陸、東日本大震災と2008年に発生した岩手・宮城内陸地震の2つの被災地をめぐり未来をみつめる旅シリーズ。今回は南三陸町と気仙沼小泉地区、5年前の被災地であるくりこま高原から未来を見つめます。
2つの震災後の、リアルな「今」を感じてください。

 

沿岸部の主な訪問先は、気仙沼市小泉地区、南三陸町。ここで親子の海の観察会に参加後、先日結成された小泉地区の「小泉Coolな親父の会」や、「南三陸ネイチャーセンター友の会」のみなさんとの意見交換を予定しています。

 

また、5年前の宮城内陸地震の被災地「くりこま高原自然学校」では、今年から本格的な活動再会に向けて、エネルギーや食料を自給できる「エコビレッジ構想」を進めようとしています。当日は満月。満月の夜の豊志塾で同校代表の佐々木豊志さんが吠えます。新緑のくりこま高原で語り、翌日はニッコウキスゲが見頃のくりこま高原の花木を満喫後、この旅を締めくくります。

 



 

集合:6/22(土)(時間と場所は未定)
参加費:2万円程度(現地までの交通費、飲食代除く)
定員:10名(最小催行5名)

スケジュール
6/21(金):東京発(まんてん号)予定(時間は未定)
6/22(土):午前中 小泉の海岸で親子海の観察会
      午後 小泉Coolな親父の会のみなさんと意見交換
       (くりの木ひろば)
      宿泊:南三陸まなび里いりやど
      http://ms-iriyado.jp/about/   
6/23(日):8:30~磯の観察会
       (スタッフ参加:子どもの見守りなど)
      午後:南三陸ネイチャーセンター友の会の
       スタッフと意見交換
      夕方:くりこま高原自然学校へ移動
      17:30~:「満月の夜の豊志塾」参加
      宿泊:くりこま高原自然学校
6/24(月):くりこま高原の高山植物の花々と
       新緑のブナの森を満喫。
      リフレクション
      昼頃解散

 

*内容は、天候・その他の事情により変更となる場合があります。

 

     
主催:一般社団法人RQ災害教育センター
協力:くりこま高原自然学校、日本の森バイオマスネットワーク、
   南三陸ネイチャーセンター友の会、小泉Coolな親父の会
   ほか

 

*このプログラムは、災害教育の調査事業の一環として実施するものです。ご参加の方には、本プログラムが終了後、アンケートのご協力をお願いいたします。プログラム中の様子を撮影した写真・動画および参加者のご感想等は、RQ災害教育センターのプロモーション活動で使用させていただく可能性があります。

3/17 日本学術会議公開シンポジウム「災害と環境教育」

日本学術会議環境学委員会は2012年12月5日、「ひと」と「コミュニティ」の力を生かした復興まちづくりのプラットフォーム形成の緊急提言」を出しました。

その提言の具体的な取り組みと、そこにおける内発的な ESD(持続可能な発展のための教育)視点の重要性について提議するシンポジウムを開催します。

 

RQ災害教育センター代表理事の広瀬敏通をはじめ、畠山信さん(NPO森は海の恋人副理事長)、牧野駿さん(元歌津町長)、阿部正人さん(南三陸町立伊里前小学校教諭)、RQ聞き書きプロジェクトの久村美穂さんらが登壇します。

ぜひご参加ください。

 

【日時】3月17日(日)12:30~18:00
【会場】日本学術会議講堂(東京メトロ乃木坂より1分)
【参加費】無料
【詳細(pdf)】 http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/168-s-3-2.pdf
【申込・連絡先】鬼頭秀一
 メール kitoh●k.u-tokyo.ac.jp(●を@へ変更してください)
 連絡先:〒277-8563 千葉県柏市柏の葉5-1-5環境棟622号室
 ※お申し込みの際は、氏名・所属・連絡先をお知らせください。情報は、本シンポジウムで使用し、それ以外の用途には使用致しません。

 

日本学術会議公開シンポジウム「災害と環境教育」

1/9 連続セミナー『災害と減災』第5回「災害ボランティア『救援から復興支援へ』」

『災害と減災』をテーマに全6回の連続セミナー

第5回「災害ボランティア『救援から復興支援へ』」

第5回のテーマは「ボランティア」。「無償の行為」ではなく「自発的な行為」がボランティア。災害多発国の日本でもようやく「災害ボランティア」の役割りと効果が認知され始めてきました。日本の国際ボランティア(NGO)発祥の地といわれる1980年のカンボジア、さらにはボランティア元年とも呼ばれた1995年阪神淡路大震災を経て、東日本大震災ではボランティアはどう機能したのか。
ボランティア初心者にとって参加するためのハードルは何だったのか。被災地ではどのような仕事がなされたのか。カンボジア以来、多くの現場に立ってきた広瀬が豊富な実例をもとに、これからの日本社会に不可欠な災害ボランティアについて検証します。

続きを読む 1/9 連続セミナー『災害と減災』第5回「災害ボランティア『救援から復興支援へ』」

12/19 連続セミナー『災害と減災』第4回「日本の防災と減災、助かるメカニズム」

『災害と減災』をテーマに全6回の連続セミナーを開始

第4回「日本の防災と減災、助かるメカニズム」

防災では優れた実績の日本が、「想定外」の災害で敗れ去った東日本大震災。マニュアルではない実践的な防災減災について話します。

続きを読む 12/19 連続セミナー『災害と減災』第4回「日本の防災と減災、助かるメカニズム」

12/5 連続セミナー『災害と減災』第3回「災害時パニックと情報の役割」

『災害と減災』をテーマに全6回の連続セミナーを開始

第3回「災害時パニックと情報の役割」

災害時にパニックは付き物なのか。全6回セミナーの第3回目は非常時、緊急時に有益な情報をいかに見分けて取り込むか、パニックを防ぐための知恵を多くの事例を交えてお話します。

続きを読む 12/5 連続セミナー『災害と減災』第3回「災害時パニックと情報の役割」