3/17 日本学術会議公開シンポジウム「災害と環境教育」

日本学術会議環境学委員会は2012年12月5日、「ひと」と「コミュニティ」の力を生かした復興まちづくりのプラットフォーム形成の緊急提言」を出しました。

その提言の具体的な取り組みと、そこにおける内発的な ESD(持続可能な発展のための教育)視点の重要性について提議するシンポジウムを開催します。

 

RQ災害教育センター代表理事の広瀬敏通をはじめ、畠山信さん(NPO森は海の恋人副理事長)、牧野駿さん(元歌津町長)、阿部正人さん(南三陸町立伊里前小学校教諭)、RQ聞き書きプロジェクトの久村美穂さんらが登壇します。

ぜひご参加ください。

 

【日時】3月17日(日)12:30~18:00
【会場】日本学術会議講堂(東京メトロ乃木坂より1分)
【参加費】無料
【詳細(pdf)】 http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/168-s-3-2.pdf
【申込・連絡先】鬼頭秀一
 メール kitoh●k.u-tokyo.ac.jp(●を@へ変更してください)
 連絡先:〒277-8563 千葉県柏市柏の葉5-1-5環境棟622号室
 ※お申し込みの際は、氏名・所属・連絡先をお知らせください。情報は、本シンポジウムで使用し、それ以外の用途には使用致しません。

 

日本学術会議公開シンポジウム「災害と環境教育」