2024年1月1日に能登半島で発生した大地震にあたり、RQ災害教育センターでは現地にRQ能登(仮)を立ち上げ、被災地支援の活動を行うことと致しました。現地の受け入れ態勢が整い次第、ボランティアの受け入れをしてまいります。

被災地ではいまだ道路が通じず、余震も頻発する中、多くの地域で被災者の厳しい状況が伝えられています。今後各地にボランティアセンターが設置されることになりますが、公的な活動諸団体とも連携しつつ、RQ能登として現地で求められる支援活動を独自に進めていく所存です。

現地に必要な資金や物資をはじめ現地での活動支援金として、多くの方に応援をいただきたく、下記に寄付の受け入れ口座を設置します(状況に応じ将来的に受け入れ期間を区切ります)。集まった寄付金についてはウェブサイトで総額を公開するとともに、事後には使用先についてご報告をいたします。

皆さまからのご支援お願い申し上げます。

*支援金の振込み先は、下記フォームでお申し込みをされた方にメールでご連絡いたします。

RQ能登支援金

RQ能登活動支援金 2月22日現在110人: 1,938,511円

RQ能登支援金

支援金ご提供者からの応援メッセージ(最下段にあります)

    令和6年能登半島地震被災地支援活動支援金の申込み

     

    活動支援金*(*必須*

    お名前*

    フリガナ*

    所属

    郵便番号*

    都道府県*

    市区町村以降の住所*

    電話番号*

    メールアドレス*

    メールアドレス (確認用)*

    メッセージ

    上記メッセージやお名前をHP等で公開してもよいですか?*

    メッセージも名前もOKメッセージのみOK名前のみOK公開しない

     

    迷惑メール防止対策です。以下の質問に答えてください*

     

     

    以下の2点のご確認をお願いします*

     ご記入いただいた内容の確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。
     送信後、自動返信にてこの内容があなたのメールアドレスに配信されます。メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。迷惑メールフォルダにも届いていない場合、記入いただいたメールアドレスが間違っている可能性もありますので、再度記入・送信をお願いいたします。なお、スマホや携帯のメールアドレスを登録した場合は、フィルターにより受信できないことがあります。@rq-center.jp からのメールを受け取れるよう設定をお願いします。

     

     

    応援メッセージ

    2024年2月17日現在

    • 行き届いた支援活動に頭が下がります。健康安全第一で活動してください。
    • 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。NPO法人たてやま・海辺の鑑定団 竹内聖一
    • 東日本大震災の際は大変お世話になりました。ボランティア拠点だった旧鱒淵小学校のある登米市米川地区から、皆さまの活動を応援しています。米川ガイドの会一同
    • 熊本地震の時にボランティアとして参加させていただきました。今は生後3ヶ月の娘がいて、ボランティアには行けなさそうなので、微力ですがこちらに。一日も早く被災された方が日常を取り戻せますように。(桜井(青木)麻耶)
    • 高木晴光
    • この募金が、被災者の皆さんの少しでもお役に立ち、早く普通の日常に戻れることを心から願っております。
    • わずかですがまずは後方支援させてください。RQのみなさまどうかご安全に。みなさまの活動が現地の方々の励みになりますよう心から願っています。(仲上美和)
    • 阪神淡路大震災、東日本大震災の経験を生かして、まずは間接支援をさせて頂きます。今後直接、人的支援も考えております。(三好利和)
    • 屋木伸司
    • 木場和義
    • RQの皆さま、いつも活動ありがとうございます。被災地の皆さまが、一日も早く日常を取り戻せますように。(宮加谷陽次)
    • 住民の方が一日も早く平穏な暮らしができるよう、お祈りしております! 支援活動される方、どうぞよろしくお願いいたします。(星野智子)
    • 状況は日々変わっていくと思います。臨機応変にご対応お願いします。安全第一で。(瀬尾隆史)
    • 吹留純子
    • 港 絢子
    • 一日も早い復興を願っています。くれぐれもお体を御自愛ください。(原 隆)
    • 桜井義維英
    • 東日本大震災の復興ボランティアの際は気仙沼でお世話になりました。微力ながらご支援させていただければと思います。(加納健介)
    • 以前RQ九州五ヶ瀬でお世話になりました。今回も日程が合えばお手伝いさせて頂きたいと思います。寒い中ですが、頑張ってください。(高須哲也)
    • 東日本大震災の時は登米と唐桑でボランティアをさせていただきました。お世話に お世話になりました。被災地の皆様が1日も早く笑顔を取り戻せるようにお手伝いをしたいと思います。今は現地にお手伝いに行けるかどうか分かりませんが 些少ながら支援金を送らせていただきます。(月村雅一)
    • 山口久臣
    • 被災地の支援をありがとうございます。自分自身は現地まではなかなか足が運べないので、RQのみなさまの支援活動に感謝しています。どうか1日も早く能登みなさんが安全・安心な環境を取り戻されることを心から願っています。(齊藤由香)
    • 柴原みどり
    • みなさまの安全を心よりお祈りいたします。(坂川実基)
    • 拠点の立ち上げお疲れ様です。被災された方々とボランティアに入る皆様全員のご健康とご安全をお祈り申し上げます。(山田慈人)
    • 濱口哲、聡子
    • 現地の方達のことを思うといたたまれない気持ちになります。穏やかな日常を1日でも早く取り戻せますように。(清水利明)
    • 被災地支援、ありがとうございます。現地にいけない私たちの思いも受け取ってください。様々な活動があると思いますが、被災された人たちの生活を取り戻すための活動を頑張ってほしいと思います。(渥美半島環境活動協議会代表:鈴木吉春/CAEA渥美半島環境活動協議会
    • 1日も早い復旧を心から祈ります。(池上利也)
    • 奥田裕介
    • 熊本地震の際に支援いただきありがとうございました。現地に行くことが難しいので、わすかではありますがお役に立てれば幸いです。
    • 現地に行くことはかないませんが、ボランティアされる皆さんを少しでもお支えしたいです。関係者の皆様、くれぐれも無理されませんよう。(井東敬子)
    • 美しいと素晴らしい文化を有する能登に、少しでもエールを届けたいです(青木将幸)
    • RQの皆様の支援活動に感謝し、少しでも被災地の皆様のお役に立つことを願っております。どうぞよろしくお願いします。(鹿谷麻夕)
    • みなさんの生活が戻ることを切に願っております。(奇二正彦)
    • これからますます寒くなりますが、被災者並びに救援の方々のご健康と一日も早い復興を祈っております。(諏訪哲郎)
    • 少額で恐縮です。皆様どうぞお気を付けて。弊社でも災害対策本部を立ち上げました。下水道の復旧に尽力しております。(山崎幸恵)
    • 阿久津 進
    • 迅速に動いてくださっていることに感謝します。現地の方々が安心できる状況になることを、心から願い祈ります。(小野明子)
    • 3.11では自然学校ネットワークの皆さまのご支援に助けていただきました。被災された皆さまが一日でも早く日常を取り戻すことができるように、自分も微力ながらやれることをやらせていただきます!(伊藤 聡)
    • 冷え込みも厳しくますます厳しい状況ですが、僅かでもRQ災害教育センターの支援活動に協力させていただきます。(宮川治樹)
    • 活動にご尽力いただいている皆さまに心から感謝です。(細渕直代)
    • 能登は楽しいの思い出多い場所。少しでも何かできればと思うばかりで具体的にはまだ何もできないのが、いやです。
    • 心ばかりですが、現地での活動が少しでも安心して行えることと被災された方々の励みになるよう、心から願っています。(大下なつえ)
    • 原 直誉
    • 大変だと思いますが、現地入りできない私の代わりに支援の手をお願いいたします。くれぐれも皆様自身のおからだも大切にしてください。(佐々木直英)
    • 一日も早く安心できる日が戻ってきますように。
    • 少額ですいません。 2月になれば1週間ぐらい現地入りできるかもしれません。(高木 誠)
    • なかなか現地に行けず心苦しいですが、活動応援しています。
    • よろしくお願いします。(佐藤敬一)
    • できることから少しずつやっていきましょう。(瀬尾隆史)
    • 犠牲となられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。予断を許さない状況が続いていますが、被災地域のみなさまの安全確保、そして一日も早い復旧復興を心よりお祈り申し上げます。(沼倉幸子)
    • 些少で申し訳ありません。現地で、この形でなければできない活動を続けてこられた営みに心から敬意を表します…!(櫛引素夫)
    • ありがとうございます!! 後方支援を微力ながら。皆さま、お身体に気をつけて宜しくお願い致します。(谷 慶子)
    • 現地の方々に、1日でも早く平穏が戻ってきますように。日々、そのために活動頂いているみなさまに感謝いたします。(石川昌稔)
    • 東日本大震災の時は登米、熊本地震の時は五ヶ瀬の拠点で活動させていただきました。今回は現地に行けるか分かりませんが、支援金をお送りいたします。よろしくお願いします。
    • 年初の地震は、改めてこの国に住むとはどういうことか考えさせられました。被災された方にお見舞いを申し上げるとともに、救援に力を尽くされてくれる方達に敬意を表します。(杉本尚隆)
    • 日中市民社会ネットワークからです。一日も早い復興をお祈りしております。(李妍焱:日中市民社会ネットワーク)
    • 皆様、ご苦労様です。金額としては微々たるものですが、気持ちなので送らせていただきます。よろしくお願いいたします。
    • ほんの少しで恐縮ですが、使っていただければと思います。現地に向かう方々もどうかお気をつけて、無事に帰ってきてください。(鈴木律子)
    • ほんの僅かですが、取り急ぎお役に立てれば幸いです。
    • 能登には、大学時代の同級生や後輩が数多く住んでいました。昨年も輪島を訪問して、たくさんの人達とお会いしました。また、同じ北陸出身の者として、今回の震災はとても人ごととは思えません。現地に行くことはできませんが、わずかな募金ではありますが、一人でも多くの方のお役に立って欲しいです。(小玉敏也)
    • 佐々木先生、無理しない程度にがんばってください。(井垣勝男)
    • 被災地の様子をニュースで見るたびに3.11を思い出して胸が苦しくなります。支援の輪が広まり1日でも早く、被災した皆様が安心して暮らせる日が来ますように。(唐澤晋平)
    • 小堀武信
    • よろしくお願いします。活動いただき感謝いたします。(田村香織)
    • 少額で恐縮です。 現地での活動に役立てていただければと思います。まだこれから寒くなります、被災者、現地で復旧にあたる方のご健康をお祈りいたします。(川村研治)
    • 松尾芳樹
    • 小さくても、一人一人の祈りがつながるこうした場に感謝します。(鳥屋尾 健)
    • RQ災害教育センターのみなさんの活動で一人でも多くの被災者のみなさんの助けになることを心から応援しています。(永菅裕一)
    • 穏やかな日常が一刻も早く訪れることを。
    • 山中俊幸
    • いつも私たちの代わりに動いていただきありがとうございます。新年早々の災害に胸が痛みます。本当にわずかですが、活動のお役に立てば幸いです。スタッフの皆様自身もくれぐれもご自愛ください。(山崎玲子)
    • 長丁場になるかと思います。現地に入られる方は気をつけて活動してください。(河野宏樹)
    • 相澤久美
    • 高木幹夫
    • 森 高一
    • 東日本大震災の時は、RQ唐桑本部でお世話になりました。今回も被災者のために良い活動をして下さい。(渡辺俊幸)
    • 東日本大震災の時に夫がボランティアセンターで物資の送り出しをしていました。長く続いた活動をされていたことは承知してます。今回も長丁場となると思います。小額ですが、まず寄付したいです。
    • 川嶋 直
    令和6年 能登半島地震 被災地支援活動支援金ご寄付のお願い
    PAGE TOP