カテゴリー別アーカイブ: RQ九州

2020年7月豪雨 
RQ緊急災害支援ネットワークは、RQ九州等を支援します。 
活動支援金受付中!

2020年7月4日未明から、九州地方に降り始めた大雨の被害にあわれたみなさまに心からお見舞いを申し上げます。未だ雨の予報は続き、心配な日々が続きます。
RQ災害教育センターでは、甚大な被害を受けた九州ほか各地の支援実施を決定し、現地RQ九州等の活動を支える支援金の募集を開始します。皆様には、ご協力をお願いできれば幸いです。
新型コロナウイルスの影響で、全国からボランティアの皆さまに来ていただくにはこれまでにないハードルがありますが、現地で活動する仲間たちの後方支援につとめ、JVOADさんが公開しているガイドラインを参考にしつつ、多くのボランティアの皆さまのお力を借りられるよう取り組んでまいります。
いただいた支援金は大切に使わせていただきますので、お力を貸していただけますようよろしくお願いいたします。
続きを読む 2020年7月豪雨 
RQ緊急災害支援ネットワークは、RQ九州等を支援します。 
活動支援金受付中!

共同シンポジウム「被災地の復興を長く続けていくために」

人が集まるところをつくる
~食べる泊まる休む
(終了しました)

大きな自然災害で、まちに被害が出た時に、
はじめは何より生命を守る、助けあう。
次は再び住めるように、人手をかけて環境を整える。
そしてもとの暮らしに戻るよう、仕事を生み、生活を立て直し、まちづくりを続ける。

2016年4月の熊本地震から3年が過ぎ、被災地では落ち着きをみせつつも、現在もさまざまな復興の取り組みが続けられています。RQ災害教育センターでは、震度7を2度記録した熊本県益城町で、緊急支援後も地球環境基金の助成を受けてセミナーやマルシェなどの支援活動を続けてきました。
 そこで得られた視点が、地域の中に「人が集まる場所」「泊まれる場所」「ものを買い、食事のできる場所」があることの大事さでした。日常にある地域の宝ものを再発見したり、なにか楽しいことが「起こりそう」な場所であり、被災後の暮らしを見守り、次の災害に備える場所です。
 大きな宿泊施設や観光の拠点がどこでも必要なのではないのです。むしろ人と人が交流できる小規模な滞在の場所が求められています。本シンポジウムでは、全国的にゲストハウスが増え、民泊に取り組むところが増えてきた今日、被災地においての滞在・宿泊の場づくりに注目します。

 

東無田おるげんと市場(おるいち)
2019年10月、益城町東無田集落の八幡宮前で開催した小さなマルシェ「東無田おるげんと市場(おるいち)」
続きを読む 共同シンポジウム「被災地の復興を長く続けていくために」

熊本地震復興セミナー2019
「地域の未来をつくる自然学校」

[第1回]
復興×ゲストハウス(終了しました)

講師・吉澤寿康

Guest House 阿蘇び心 代表

熊本地震から3年半。被災地では現在もさまざまな復興の取り組みが続けられています。私たちが復興のお手伝いをする中で得たことは、「人が集まる場所」「泊まれる場所」「ものを買い、食事のできる場所」の大事さでした。
全国的にゲストハウスが増え、民泊に取り組むところが増えてきた今日、被災地においての滞在・宿泊の場づくりに注目します。

続きを読む 熊本地震復興セミナー2019
「地域の未来をつくる自然学校」

熊本地震復興セミナー2018
「地域の未来をつくる自然学校」

[第3回]
被災地でのワークショップをデザインする(終了しました)

講師・橋之口みゆき

災害NGOラブ&アース 代表

被災後のコミュニティをつくりなおすためには、人が集まる場のデザインが重要になります。
第3回のセミナーは、集まる人の主体性と相互作用をより効果的に育むプログラムづくりのポイントを、各地の被災地で支援活動をされている橋之口みゆきさんからご紹介いただきます。
続きを読む 熊本地震復興セミナー2018
「地域の未来をつくる自然学校」

熊本地震復興セミナー2018
「地域の未来をつくる自然学校」

[第2回]
人が集まる場をつくる人のためのリスクマネジメント〜基礎編(終了しました)

講師・辻 英之

NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター 代表理事

人が集まる場をつくる主催者にとって、様々な危険を回避し、安全で楽しい活動を提供することは大変重要です。
第2回のセミナーは、フットパスなどのまち歩きをはじめ屋外で人が集まる場を企画する人に対し、リスクマネジメントの基礎講座を開催します。
安全への意識をより一層高めるための基礎的な内容が学べるだけでなく、受講者には自然体験活動推進協議会(CONE)が提供する「リスクマネジメント基礎講座」修了証を発行いたします。
続きを読む 熊本地震復興セミナー2018
「地域の未来をつくる自然学校」

熊本地震復興セミナー2018
「地域の未来をつくる自然学校」

[第1回]
コミュニケーションの場や学びの場を活発にするさまざまな工夫(終了しました)

講師・川嶋 直

公益社団法人日本環境教育フォーラム理事長

KP法とえんたくんが同時に学べるうれしすぎるセミナーです。

続きを読む 熊本地震復興セミナー2018
「地域の未来をつくる自然学校」

11/15 RQ九州熊本地震災害シンポジウム

RQ九州は、4月14日夜から始まった熊本地震救援のために、九州各地の自然学校が一般社団法人RQ災害教育センターの支援を得て設立された民間のボランティアセンターです。災害が発生したとき本当に必要なことは何か。この度、4月より開始したRQ九州のこれまでの活動からそれらを紐解き、「震災から未来へ」をテーマにしたシンポジウムを開催いたします。
続きを読む 11/15 RQ九州熊本地震災害シンポジウム

7/12 RQ九州報告会・ボランティア説明会 + 九州を食べて応援会(東京)

RQ九州代表の山口久臣さんを迎えてのRQ九州報告会・ボランティア説明会を7月12日(火)19時から東京西日暮里で行います。
まだまだ支援が必要な被災地は、いまどのような状況なのでしょう。これからボランティアに行くにはどんな準備、心構えが必要なのでしょうか。

また、20時からは九州の食材などを使った「九州を食べて応援会」を開きます。九州から取り寄せた野菜や保存食等の即売会も同時開催。食べて飲んで買って、九州を応援しましょう。
ぜひお越しください。
続きを読む 7/12 RQ九州報告会・ボランティア説明会 + 九州を食べて応援会(東京)

6/21 RQ九州報告会・ボランティア説明会(東京)

熊本地震が発生してから2カ月。被災地はいまどのような状況なのでしょう。これからボランティアに行くにはどんな準備、心構えが必要なのでしょうか。
6月21日(火)、19時から「RQ九州報告会・ボランティア説明会」を開催します。
報告者は、直近で現地でボランティア活動をしてきた当センター代表の佐々木豊志、事務局長の八木和美と、お隣・日本エコツーリズムセンター事務局の伊藤博暁さん、瀧野芳さんを予定。
ぜひお越しください。
続きを読む 6/21 RQ九州報告会・ボランティア説明会(東京)

RQ九州ボランティア募集中!

RQ九州ではボランティアを募集しています。
短い期間でも大丈夫。あなたの力をお貸しください。

また特に、2週間以上滞在し、総務系・コーディネート系の仕事をしていただける方が足りません。ボランティアのボランティアという大事な仕事です。備考欄に総務希望とご記入のうえ、ぜひご応募ください。

RQ九州ボランティア申込みページへGO!

5/17 RQ九州報告会・ボランティア説明会(東京)

熊本地震が発生してからまもなく1カ月になろうとしています。
RQ災害教育センターでは、RQ九州の立ち上げと支援活動のために、代表理事をはじめ、大勢の理事が九州へと向かい活動を行ってきました。
依然として余震が続くいま、被災地はどのような状況なのでしょう。これからボランティアに行くにはどんな準備、心構えが必要なのでしょうか。
5月17日(火)、19時から「RQ九州報告会・ボランティア説明会」を開催します。ぜひお越しください。
続きを読む 5/17 RQ九州報告会・ボランティア説明会(東京)

熊本地震 支援物資を送ってください

RQ九州では九州各地の自然学校と連携して、ボランティアによる被災地支援を実施します。
ホームページを開設しましたので、そちらをご覧ください。

RQ九州ホームページ http://kyushu.rq-center.jp/
物資支援ページ http://kyushu.rq-center.jp/supplies

続きを読む 熊本地震 支援物資を送ってください

熊本地震発生! RQ九州活動支援金

4月14日(木)夜、熊本を震源とするとするマグニチュード6.5の地震は、16日(土)未明にマグニチュード7.3という阪神大震災級の地震を発生させ大きな被害をもたらしました。

RQ災害教育センターでは地震発生直後より、被災地支援を行うための情報を収集を開始し、九州の仲間たちとともにRQ九州を立ち上げました。つきましては、皆さまに活動支援金のご協力をお願いします。どうぞよろしくお願いいたします。
続きを読む 熊本地震発生! RQ九州活動支援金