RQ災害教育センター(通称RQ)とは

RQは、東日本大震災の被災地支援で結成されたボランティア組織から発展し、2011年12月7日に設立しました。

災害の現地でのさまざまな活動の中に、大きな学びがある。「災害教育」の重要性を訴え、実践しています。

大規模な自然災害が起きた際、現地にコーディネーターが立ち、現地RQを組織して被災地支援に取り組みます。

くわしくは、「RQ災害教育センターについて」へ

RQの強み

現地でコーディネーターのできる人材が各地に

全国の自然学校や実践者をネットワークしています。自然学校スタッフは、サバイバルな環境はお手のもの。現場での人、もの、事のマネジメントは日常業務の延長です。

主な協力メンバー(所属団体)

北海道

高木晴光 黒松内ぶなの森自然学校
荒井一洋 大雪山自然学校


宮城県

佐々木豊志 青森大学
塚原俊也 くりこま高原自然学校


千葉県

神保清司 千葉自然学校


東京都

高木幹夫 日能研
加藤超大 日本環境教育フォーラム
相澤久美 震災リゲイン
小林孝之助 自然体験活動推進協議会
森 高一 エコセン
吉澤 卓 スナップチェンジ


山梨県

鳥屋尾健 キープ協会


静岡県

山崎 宏 ホールアース自然学校


長野県

辻 英之 グリーンウッド自然体験教育センター


広島県

西村仁志 広島修道大学
河野宏樹 これからの学びネットワーク


熊本県

山口久臣 一般社団法人アイ・オー・イー
濱田孝正 フットパス研究所


宮崎県

杉田英治 五ヶ瀬自然学校
井倉洋二 鹿児島大学


沖縄県

小林政文 ホールアース自然学校沖縄校がじゅまる自然学校


全国へ呼びかけて、ボランティアや資金のサポートを地域へ

──これまでの寄付から災害支援基金を用意しています。ネットを通じてこれまでも多くの支援者がつながってきました。

2020年コロナウィルス流行 マスクを中国等へ送付

2020年7月豪雨 RQ九州等を支援

2020年台風15号 千葉自然学校を支援

2018年北海道胆振東部地震 RQ北海道、いぶり自然学校等を中心に支援

2018年西日本豪雨災害 RQ広島を支援

2016年熊本地震 RQ九州を支援

現地に合わせたフレキシブルな活動を

これまでの経験を活かして、公的なサポートがなかなか入りづらい場所や、急を要する作業に柔軟に取り組みます。

これまでの寄付を集め「災害時活動支援基金」を設立

皆さんから寄付いただいた資金を積み立て、すぐに現地へ活動資金を届けられます。

2022年8月現在の活動支援金残高:500万円

RQの活動のしくみ

現場に合わせ、人に合わせた活動を現地で。コーディネーターが活躍します。

現地の災害ボランティア団体などともに、本当に必要な支援を行います。

PAGE TOP