カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

オンラインイベント RQ九州「九州豪雨災害」支援中間報告会(終了しました)

RQ九州「九州豪雨災害」支援中間報告会

 

今年7月4日、発達した線状降水帯が熊本県人吉球磨(くま)地方にかかり続け、数時間続く豪雨により球磨川流域で洪水が発生。球磨川流域に大きな被害をもたらしました。折しも新型コロナの影響で全国的に人の移動や集まりが制約される中、被災地では県外からのボランティアの受け入れができない状況が続きました。
RQ災害教育センターでは、熊本地震の際にも活動したRQ九州のメンバーが早々に現地に入り支援活動を開始しました。そして、全国の皆様に活動資金寄付の呼びかけをしました。

それから5か月、現地では被災地の土砂の撤去や店舗の復旧が進んでいますが、まだ流域には手のつかないエリアも残ります。
今回人吉市内から、コロナ禍で難航を余儀なくされた5か月間の被災地支援の状況を報告するとともに、人吉でこれからの持続可能な観光に取り組む一般社団法人らぞLABOの皆さんから、今後の取り組みをお届けします。
ご支援をいただいた皆さんはもちろん、この度の九州豪雨被災地に心を寄せる皆さまと共有できればと思います。

 



 

話題提供:
・RQ災害教育センター 佐々木豊志ほか
・球磨村の田舎の体験/交流施設&自然学校「さんがうら」施設長 小川聡氏
・八代市坂本町のRIBBONグループ/リーダー 溝口隼平氏
・サステイナブル・ツーリズムで人吉の観光の復興を目指す一般社団法人らぞLABO 北貴之氏
・RQ九州のメンバー
 人吉市のほか現地をつなぎライブで報告します。

進行:日本エコツーリズムセンター 森高一
 
【開催日】2020年12月21日(月)19:00~20:30
※オンラインは18:40~21:00オープンします
【主催】(一社)RQ災害教育センター、RQ九州
【協力】NPO法人日本エコツーリズムセンター、一般社団法人らぞLABO
【協賛】株式会社日能研
【参加費】無料


2020年7月豪雨  RQ緊急災害支援ネットワークは、RQ九州等を支援します。 活動支援金受付中!(終了しました)

2020年7月4日未明から、九州地方に降り始めた大雨の被害にあわれたみなさまに心からお見舞いを申し上げます。未だ雨の予報は続き、心配な日々が続きます。
RQ災害教育センターでは、甚大な被害を受けた九州ほか各地の支援実施を決定し、現地RQ九州等の活動を支える支援金の募集を開始します。皆様には、ご協力をお願いできれば幸いです。
新型コロナウイルスの影響で、全国からボランティアの皆さまに来ていただくにはこれまでにないハードルがありますが、現地で活動する仲間たちの後方支援につとめ、JVOADさんが公開しているガイドラインを参考にしつつ、多くのボランティアの皆さまのお力を借りられるよう取り組んでまいります。
いただいた支援金は大切に使わせていただきますので、お力を貸していただけますようよろしくお願いいたします。
続きを読む 2020年7月豪雨  RQ緊急災害支援ネットワークは、RQ九州等を支援します。 活動支援金受付中!(終了しました)

RQ保管のマスクを中国等へ送付しました

RQにご協力いただいている皆様へ

コロナウィルスの流行により、マスクの不足が続いています。RQ災害教育センターでは東日本大震災時に寄贈されたマスクを倉庫に保管し、その後の災害支援活動の中で活用してまいりました。倉庫にはまだ在庫があるため、この度、緊急支援として下記の通り中国等へ送付しましたのでご報告申し上げます。(2020.02.20現在)
続きを読む RQ保管のマスクを中国等へ送付しました

台風15号被害:RQは千葉自然学校を支援します。活動支援金受付中!

2019年9月の台風15号の被害にあわれたみなさまに心からお見舞いを申し上げます。

RQ災害教育センターでは、甚大な被害を受けたNPO法人千葉自然学校を支援することを決定し、活動支援金の募集を開始しましたのでご協力をお願いします。
いただいた支援金は大切に使わせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む 台風15号被害:RQは千葉自然学校を支援します。活動支援金受付中!

北海道胆振東部地震活動支援金募集

(終了しました)

写真:Google Crisis Response

平成30年北海道胆振東部地震で被害にあわれたみなさまに心からお見舞いを申し上げます。
RQ災害教育センターでは、いぶり自然学校を中心とした支援活動を支援すべく、RQ北海道(現地代表:上田 融)を立ち上げました。胆振地域は、ふくしまキッズの保養受け入れをはじめ、森のようちえん、狩猟サミットなど、RQの仲間たちにも縁のある地域です。
今後、被害を受けた各地で支援活動を開始している仲間たちと連携し、1日も早い復旧に貢献したいと考えています。
これに伴い、活動支援金募集の受け付けを開始しましたのでご協力をお願いします。
いただいた支援金は大切に使わせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
*資金の使途は活動支援金で、被災者への義援金ではありません。
*いただいた支援金が余った場合は、次回災害が発生した際の活動支援金として活用します。

支援金の受付は終了しました。ご協力ありがとうございました。