熊本地震復興セミナー「地域の未来をつくる自然学校」[全5回]

[第5回]

鼎談「地域再生×仕事づくり」

──地域に根ざし地域の資源を活かした活動を事業化するために必要なこと

「自然学校」の役割のひとつは、地域にある自然や暮らしの知恵などの価値を再発見し、新しい視点でその地域に根ざした事業を展開することで、社会的課題の解決に貢献することです。全5回のセミナーの最後は、熊本、宮崎、宮城で地域に根ざした事業を展開している3人のパイオニアから、復興のヒントとなる仕事づくりについてお話いただきます。

講師プロフィール

佐々木豊志[一般社団法人RQ災害教育センター 代表理事、 一般社団法人くりこま高原自然学校代表理事、青森大学総合経営学部教授]

大学で野外運動を学び、卒業後企業内で野外教育の事業化に携わる。90年代初めにアウトドアや環境関連のネットワークと関わり、96年宮城県栗原市の栗駒山にくりこま高原自然学校を設立する。自然体験・冒険体験・生活体験をベースに暮らしを創造しながら自然と共存する生き方を実践。2000年に不登校・引きこもりを支援する寄宿を併設。農的な暮らしと自然環境と共生し持続可能な豊かな暮らしを創造できる〝人〟と〝社会〟づくりに取り組んでいる。2008年岩手宮城内陸地震、2011年東日本大震災で被災し、「生きる力」を育む教育活動を試され、数々の被災地支援活動を行う。RQ災害教育センターや地域での自然学校の社会的な役割を実践している。著書に「環境社会の変化と自然学校の役割」(単著)2016年、「ESD拠点としての自然学校」(共著)2012年みくに出版、「日本型環境教育の知恵」(共著)2008年小学館など。
佐々木豊志


杉田英治[特定非営利活動法人五ヶ瀬自然学校 理事長]

栃木県那須郡西那須野町生まれ。東京のグラフィックデザイン制作会社を経て1991年ワーキングホリデービザを取得しカナダへ。翌年5月から5ヶ月間、自転車でバンクーバー、ホワイトホース間2700キロを走破後カヌーでユーコン川2800キロを走破して帰国。その後フリーのデザイナー、北海道のカヌーガイド会社経営を経て、2001年宮崎県五ヶ瀬町に移住。2005年3月NPO法人五ヶ瀬自然学校を設立し理事長に就任。地域の子どもたちに自然体験や農業体験を通じた生きる力を育む教育や、五ヶ瀬町の地域活性化のための集落営農および特産品開発、フットパスによる交流人口の拡大など、地域に根ざした活動を展開している。2013年株式会社五ヶ瀬自然農園を設立し共同代表に就任。総務省地域力創造アドバイザー、ごかせ観光協会理事、宮崎県社会教育委員。熊本地震発生直後よりRQ九州五ヶ瀬ボランティアセンターを開設し、現地代表として支援活動を開始した。
杉田英治


山口久臣[一般社団法人アイ・オー・イー 代表理事、自然学校プロデューサー&ツーリズム・プロデューサー]

熊本県人吉市生まれ。東京の地質コンサルタント会社に勤務の後、帰熊。1986年に野外教育、環境教育、国際教育の民間専門事業所「野外教育研究所IOE」を設立。1991年に設立したNPOコミュニティ・ネットワーク協会を2003年2月NPO法人コミネット協会(CNA)に移行し理事長に就任。2012年6月、IOEとCNAを統合・合併して、一般社団法人アイ・オー・イー設立、代表理事へ。九州自然学校協議会(NSP-Q)代表、NPO法人阿蘇ミュージアム理事長、認定NPO法人地球市民の会理事長など、さまざまな団体の代表を務め、熊本地震の際は、災害ボランティア団体「RQ九州」代表として活動。
山口久臣


熊本地震復興セミナー
「地域の未来をつくる自然学校」とはー
熊本地震から約2年。被災の現場では復興に向けた新たな地域づくりが始まっています。
本セミナーは、災害大国ニッポンで地域の未来をつくるために、自然学校的な手法による地域再生の可能性を広げることを目指して開催します。

 

日時:2018年3月20日(火)18:30〜21:00
場所:益城町交流情報センター 会議室(熊本県益城町木山236)
講師:佐々木豊志(一般社団法人RQ災害教育センター 代表理事/青森大学教授)
杉田英治(NPO法人五ヶ瀬自然学校 代表)
山口久臣(一般社団法人アイ・オー・イー 代表理事)
参加費:無料
定員:30名
主催:一般社団法人RQ災害教育センター
共催:RQ九州、九州自然学校協議会
協力:一般社団法人アイ・オー・イー

※本セミナーは、2017年度地球環境基金の助成を受けて開催します。

熊本地震復興セミナー「地域の未来をつくる自然学校」[全5回]

[第4回]

地域を元気にするフットパス

ありのままの風景を活かす美里式フットパスのすすめ

ありのままの地域の風景を、歩く速度と目線で楽しむ“歩く旅”が、が注目されています。そのひとつが「フットパス」。全国に数あるフットパスコースの中で、「美里式フットパス」といわれる地域住民参加型の方法で地域を元気にしているのが熊本県美里町です。その生みの親であり、歩く文化の創造を掲げて全国を行脚する井澤るり子さんに、フットパスによる地域づくりや地域社会に受け入れられるための心得などをお聞きします。

井澤るり子

講師・井澤るり子

[合同会社フットパス研究所 代表]

熊本県下益城郡美里町在住。地域に残る豊かな文化・景観を歩きながら楽しむ「フットパス」を各地に普及させ、地域の素晴らしさを伝えるインタープリターとして活躍中。2016年7月、フットパスの全国展開に向け「合同会社フットパス研究所」を起業し代表に就任。伝統行事や食農体験を通じた交流の場「だいとお加多蘭会」の設立、地域に残る石橋のガイド、ネイチャーゲームや森林活動指導など、地域振興や歩く文化の創造と普及に向け多方面で活動している。日本フットパス協会理事。美里町文化財保護委員会委員長、熊本県文化振興審議会委員。

熊本地震復興セミナー
「地域の未来をつくる自然学校」とは

熊本地震から1年9カ月。被災の現場では復興に向けた新たな地域づくりが始まっています。
本セミナーは、災害大国ニッポンで地域の未来をつくるために、自然学校的な手法による地域再生の可能性を広げることを目指して開催します。

 

日時:2018年3月13日(火)13:30〜16:00
場所:益城町交流情報センター ミナテラス会議室(熊本県益城町木山236)
講師:井澤るり子(合同会社フットパス研究所 代表)
参加費:無料
定員:30名
主催:一般社団法人RQ災害教育センター
共催:RQ九州、九州自然学校協議会
協力:一般社団法人アイ・オー・イー
本セミナーは、2017年度地球環境基金の助成を受けて開催します。

熊本地震復興セミナー「地域の未来をつくる自然学校」第3回[全5回]

[第3回]

コミュニケーション × 地域再生

明日から使える話し合いのコツ講座

話し合いの場やワークショップなどで、立場や価値観が異なる参加者一人ひとりが尊重されたと感じられるのはどんな時でしょうか? 多様な意見を引き出したり促したり、質の高い成果にたどりつくような場をつくることを「ファシリテーション」といいます。
知っていると便利な話し合いや場づくりのコツを、講義と体験を通して楽しく学びましょう。

講師・鈴木まり子

[NPO法人日本ファシリテーション協会フェロー]

わくわくコミュニティ世話人。子どもの頃、ボランティア活動を通してワークショップと出合う。企業、行政、学校、NPOなどにおいて、 ひとりひとりが「尊重され、存在できる」場づくりを目指してワークショップやファシリテーション研修を企画・実施している。東日本大震災から日本ファシリテーション協会災害復興支援グループメンバー。熊本では避難所の自主運営のための話し合い支援から始まり、現在は地域支え合いセンター運営会議など継続的に通っている。法政大学、静岡産業大学兼任講師。ビーネイチャースクール講師。 
共著「ファシリテーション実践から学ぶスキルとこころ」岩波書店

熊本地震復興セミナー
「地域の未来をつくる自然学校」とは

熊本地震から1年9カ月。被災の現場では復興に向けた新たな地域づくりが始まっています。
本セミナーは、災害大国ニッポンで地域の未来をつくるために、自然学校的な手法による地域再生の可能性を広げることを目指して開催します。

 

日時:2018年2月20日(火)18:30〜21:00
場所:益城町交流情報センター会議室(熊本県益城町木山236)
講師:鈴木まり子(NPO法人日本ファシリテーション協会フェロー)
参加費:無料
定員:30名
主催:一般社団法人RQ災害教育センター
共催:RQ九州、九州自然学校協議会
協力:一般社団法人アイ・オー・イー
本セミナーは、2017年度地球環境基金の助成を受けて開催します。

熊本地震復興セミナー「地域の未来をつくる自然学校」第2回[全5回]

[第2回]

人づくりを主軸にした地域再生の先進地で学ぶ

長野県泰阜村現地視察

 

長野県泰阜村は人口1600人の山村ですが、年間20000人の交流人口を生み出し、夏の山賊キャンプでは1000人の小中学生が訪れる自然学校があります。
1年間村のこどもになる「山村留学事業」、大学との連携や山村都市交流事業、さらには、32年にわたって継続、発展してきたそのノウハウを知りたいと、各地から見学や研修者が間断なく訪れます。2017年には、山村留学や都市交流を通じ、コミュニティの維持と村内の雇用確保・定住促進に尽力したことで、地方自治法施行 70 周年記念 総務大臣表彰を受けました。
人づくりを主軸にした地域再生の先進地で、自然学校のノウハウを学びます。

熊本地震復興セミナー
「地域の未来をつくる自然学校」とは

熊本地震から1年9カ月。被災の現場では復興に向けた新たな地域づくりが始まっています。
本セミナーは、災害大国ニッポンで地域の未来をつくるために、自然学校的な手法による地域再生の可能性を広げることを目指して開催します。

 

主催:一般社団法人RQ災害教育センター
共催:RQ九州、九州自然学校協議会
協力:一般社団法人アイ・オー・イー
本セミナーは、2017年度地球環境基金の助成を受けて開催します。

熊本地震復興セミナー「地域の未来をつくる自然学校」[全5回]

[第1回]

人づくり × 地域再生

国道も信号もコンビニもない山村の自然学校が起こした奇跡

講師・辻 英之

[NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター代表理事]
辻 英之

 

2016年4月、熊本地震発生直後に、九州の自然学校のネットワークが協力して「RQ九州」という災害ボランティア組織が発足しました。

「自然学校」はキャンプや野外体験、環境教育などを行っている民間の施設や組織の総称で、人と自然や社会との関わりを学ぶ場です。阪神大震災以降は、災害の現場でも野外技術や人をつなぐコミュニケーションスキルが役立つことを実証し、緊急支援や復興支援活動を行ってきました。

熊本地震から1年9カ月。被災の現場では復興に向けた新たな地域づくりが始まっています。

本セミナーは、災害大国ニッポンで地域の未来をつくるために、被災地での自然学校的な手法による地域再生の可能性を広げることを目指して開催します。

 

Download (PDF, 426KB)

 

グリーンウッドの子どもたち

 


日時:2018年1月23日(火) 18:30〜21:00
場所:益城町交流情報センター会議室
   熊本県上益城郡益城町木山236
参加費:無料
定員 :30名
申込み:http://rq-center.jp/seminar/2369
主催:一般社団法人RQ災害教育センター
共催:RQ九州、九州自然学校協議会
協力:一般社団法人アイ・オー・イー
本セミナーは、2017年度地球環境基金の助成を受けて開催します。



10/25 熊本/東無田八幡復興マルシェ準備イベント「月3万円ビジネス」体験ワークショップ

やりたかったことは、今やれることに変えられます!

いつかやりたいと思っていることはありませんか?
そのことを考えただけで、なぜだかワクワクしたり、時間を忘れて没頭してしまうこと。
そんな「いつかやりたいこと」を「今やれること」に変えるにはどうしたらいいでしょうか?
埼玉のちょっと田舎で、「わたしたちの月3万円ビジネス」「しあわせすぎマルシェ」、インキュベーション施設の企画運営など、地域に愉しいアクションをしかけている矢口真紀さんを迎えて、あなたの町のちょっと未来が愉しくなる話をしていただきます。


内容:地域で欲しい仕事は自分でつくる! 全国で広がる「月3万円ビジネス」プロジェクトのお話・事例紹介。

 

講師:矢口真紀 choinaca(ちょいなか)
国内外のイベントプロデュースに携わり独立。埼玉県の「ちょっと田舎」で小さく愉しい自立のかたちを提案する choinaca を主宰。やりたいことから仕事を生み出す『わたしたちの月 3 万円ビジネス』、ビジネス実践市『しあわせすぎマルシェ』など、地域を元気にするアクションをしかけている。

 

参加費:無料
日 時:10月25日(水)18:00〜20:30
会 場:東無田仮設住宅みんなの家2(熊本県上益城郡益城町島田)
主 催:一般社団法人法人RQ災害教育センター
共 催:東無田復興委員会
問い合わせ:こちらから tel.090-6065-2264(八木)



※この事業は平成29年度日本郵便の年賀寄附金の助成を受けて実施します。

 

11/15 RQ九州熊本地震災害シンポジウム

RQ九州は、4月14日夜から始まった熊本地震救援のために、九州各地の自然学校が一般社団法人RQ災害教育センターの支援を得て設立された民間のボランティアセンターです。災害が発生したとき本当に必要なことは何か。この度、4月より開始したRQ九州のこれまでの活動からそれらを紐解き、「震災から未来へ」をテーマにしたシンポジウムを開催いたします。

 

[期日]平成28年11月15日(火)18:00~21:15
  *17:30受付 18:00開会

[会場]熊本市国際交流会館(熊本市中央区花畑町4-18)
 >>地図
 *駐車場が限られております。公共の交通機関にてご来場ください。

[参加費]無料 定員:約100名

[チャーシュー丼の注文]震災直後より、多いときは1日900食もの食事の提供を続けた「ドン!!!と食え」のチャーシュー丼を会場までお届けします。ご希望の方は下記のチェック欄に注文する個数をご記入ください。当日17時30分より会場受付にてお渡しいたします。なお個数の変更やキャンセルにつきましては、11/14(月)17:00までにお電話にてご連絡ください。

[主催]RQ九州
[共催]一般社団法人RQ災害教育センター
[協力]合同会社フットパス研究所、NPO法人五ヶ瀬自然学校、EPO九州、一般社団法人アイ・オー・イー

[お問合せ]
RQ九州本部事務局 〒861-4406 熊本県下益城郡美里町馬場749-1 
TEL. 080-4169-8236(9:00~17:00 水、土、日曜日は不在)
>>お問い合わせはこちら
>>メール: rq9@omoyainet.com *できるだけ問い合わせフォームをご利用ください。
 

[プログラム]
18:00 開会 佐々木 豊志(一般社団法人RQ災害教育センター 代表理事) 

【第1部】 活動報告(18:10~19:20)
杉田 英治(RQ九州 副代表 NPO法人五ヶ瀬自然学校理事長)
川上 昇 (RQ九州 五ヶ瀬ボランティアセンター)
伊藤 博暁(RQ九州 美里ボランティアセンター)
吉村 真一(チーム小林代表)

【第2部】インタビューダイアログ「そのとき、何を思いどう動いたか?」
南阿蘇村  長野 良市  (プロカメラマン)
西原村   藤本 延啓  (西原村ボランティアセンター統括)
西原村    上村 加代子 (NPO法人にしはらたんぽぽハウス施設長)
益城町小谷  富澤 典子  (お茶の富澤、益城町商工会副会長)
益城町東無田 宮永 和典  (益城町東無田地区土木部長)
熊本市東区   原野 貴志  (どんぶり亭「ドン!!!と食え」店長)

21:00~21:15  全体まとめ 山口 久臣(RQ九州代表)

 

7/12 RQ九州報告会・ボランティア説明会 + 九州を食べて応援会(東京)

RQ九州代表の山口久臣さんを迎えてのRQ九州報告会・ボランティア説明会を7月12日(火)19時から東京西日暮里で行います。
まだまだ支援が必要な被災地は、いまどのような状況なのでしょう。これからボランティアに行くにはどんな準備、心構えが必要なのでしょうか。

また、20時からは九州の食材などを使った「九州を食べて応援会」を開きます。九州から取り寄せた野菜や保存食等の即売会も同時開催。食べて飲んで買って、九州を応援しましょう。
ぜひお越しください。
続きを読む 7/12 RQ九州報告会・ボランティア説明会 + 九州を食べて応援会(東京)

6/21 RQ九州報告会・ボランティア説明会(東京)

熊本地震が発生してから2カ月。被災地はいまどのような状況なのでしょう。これからボランティアに行くにはどんな準備、心構えが必要なのでしょうか。
6月21日(火)、19時から「RQ九州報告会・ボランティア説明会」を開催します。
報告者は、直近で現地でボランティア活動をしてきた当センター代表の佐々木豊志、事務局長の八木和美と、お隣・日本エコツーリズムセンター事務局の伊藤博暁さん、瀧野芳さんを予定。
ぜひお越しください。
続きを読む 6/21 RQ九州報告会・ボランティア説明会(東京)

RQ九州ボランティア募集中!

RQ九州ではボランティアを募集しています。
短い期間でも大丈夫。あなたの力をお貸しください。

また特に、2週間以上滞在し、総務系・コーディネート系の仕事をしていただける方が足りません。ボランティアのボランティアという大事な仕事です。備考欄に総務希望とご記入のうえ、ぜひご応募ください。

RQ九州ボランティア申込みページへGO!

5/17 RQ九州報告会・ボランティア説明会(東京)

熊本地震が発生してからまもなく1カ月になろうとしています。
RQ災害教育センターでは、RQ九州の立ち上げと支援活動のために、代表理事をはじめ、大勢の理事が九州へと向かい活動を行ってきました。
依然として余震が続くいま、被災地はどのような状況なのでしょう。これからボランティアに行くにはどんな準備、心構えが必要なのでしょうか。
5月17日(火)、19時から「RQ九州報告会・ボランティア説明会」を開催します。ぜひお越しください。
続きを読む 5/17 RQ九州報告会・ボランティア説明会(東京)

4/29 RQ九州ホームページを開設!

4月29日、RQ九州のホームページがオープンしました。
http://kyushu.rq-center.jp/
ボランティアの登録や、最新の活動状況をご覧いただけます。
これにともない、当サイトで掲載していた支援物資は、RQ九州のホームページに移転しました。
なお、活動支援金のお申込みについては、引き続き、当サイトで受け付けます。現地での支援活動が本格化しますので、熱い支援をよろしくお願いいたします。

RQ九州

熊本地震 支援物資を送ってください

RQ九州では九州各地の自然学校と連携して、ボランティアによる被災地支援を実施します。
ホームページを開設しましたので、そちらをご覧ください。

RQ九州ホームページ http://kyushu.rq-center.jp/
物資支援ページ http://kyushu.rq-center.jp/supplies

続きを読む 熊本地震 支援物資を送ってください

熊本地震発生! RQ九州活動支援金

4月14日(木)夜、熊本を震源とするとするマグニチュード6.5の地震は、16日(土)未明にマグニチュード7.3という阪神大震災級の地震を発生させ大きな被害をもたらしました。

RQ災害教育センターでは地震発生直後より、被災地支援を行うための情報を収集を開始し、九州の仲間たちとともにRQ九州を立ち上げました。つきましては、皆さまに活動支援金のご協力をお願いします。どうぞよろしくお願いいたします。
続きを読む 熊本地震発生! RQ九州活動支援金

3/17「3.11から5年。自然学校は何をしたか? 佐々木豊志とくりこま高原自然学校の軌跡から振り返る」

東日本大震災から5年が過ぎ、東北では3年目に次いで支援活動を終了する団体が増えています。これからは東北を含む日本の地域を、誰がどうやって関わっていくのかが問われています。

続きを読む 3/17「3.11から5年。自然学校は何をしたか? 佐々木豊志とくりこま高原自然学校の軌跡から振り返る」

台風18号洪水被害。「RQ常総」「RQくりこま」に活動支援金を!

各地で発生した台風18号の洪水被害に対して、RQでは最も大きな被害があった常総市のボランティアセンターにスタッフを送ってサポートを開始。同時に「RQ常総」として、県外からの一般ボランティアが活動しやすい環境がつくれるかどうかの調査もはじめています。
活動支援金の受付は終了しました。
続きを読む 台風18号洪水被害。「RQ常総」「RQくりこま」に活動支援金を!

10/21【緊急企画】常総での支援活動のための「足湯講習会」

RQ常総では、常総地域豪雨水害に関する支援活動の一環として「RQ+JuMP合同足湯隊」を発足させ、避難所や、在宅避難の方の多い地域を巡回して「足湯」を実施することになりました。
足湯実施に先立ち、東京足湯プロジェクト代表の金子和巨さんをお迎えし、「足湯講習会」を開催いたします。ぜひ、ご参加いただきますようお願いいたします。
続きを読む 10/21【緊急企画】常総での支援活動のための「足湯講習会」

9/27 東北の復興はいまどうなってる?

久々のお茶っこサロンを9月27日(日)に開催します。
東日本大震災から4年半が過ぎ、震災直後の風景は見事に消え去っています。
南三陸町など、RQが活動をした現場はいまどうなっているのでしょうか?
いまも現地に足繁く通う、RQ聞き書きプロジェクトの久村美穂さんを招いて、現地の様子を聞きつつのお茶っこサロンを開催しますので、ぜひお越しください。
続きを読む 9/27 東北の復興はいまどうなってる?

7/8 災害教育研究会「ネパール大地震 報告会」

2015年4月25日と5月2日、ネパールでマグニチュード7.9クラスの地震が発生し、死者7000人超、数千人のケガ人と家屋の倒壊を伴う震災が発生しました。
RQ災害教育センターの理事・降旗信一(東京農工大学 准教授)と、横浜国立大学 非常勤職員のマニタ・シュレスタ氏は、被災地の現状を調査するとともに、現地での災害教育プログラム実施の可能性を探るために、5月30日から6月3日の5日間、視察と現地NPOなどとの会合を行ってきました。
続きを読む 7/8 災害教育研究会「ネパール大地震 報告会」